平成30年11月11日(日)ちびっこ工場見学隊は無事終了しました。

元々7月に台風の影響で中止になった企画を、そのままの形で11月に実施したリベンジ企画です。

工場見学を行うクラブ活動として、今年度より発足した事業です。

工場見学は昼からなので、午前中は六甲アイランドにある広い公園でレクリエーションや自然物ビンゴ、ゴミ拾い等、たくさんの外遊びを実施しました。

 

ボールやレジャーシートを使ってアイスブレイクゲーム。

 

 

昼食タイム

   

 

大学生が制作したオリジナル自然物ビンゴも

 

少し遊び過ぎました。急いで「てっちゃん工房」へ

てっちゃん工房は、日本の伝統食品である練り製品を、若い世代にもっと身近に感じてもらい、おいしさを知って欲しいという思いから生まれた「ちくわやかまぼこの手作り体験ができる施設」です。

今回は、ちくわもかまぼこも両方を体験します。

エプロンと帽子を着けて、いざ体験場へ急げ急げ。

かまぼこ作りに必要なキットはこちら。

練りものを形を造り上げるのに欠かせないのが包丁のような形をしたヘラ。

これには刃はついていないので、子どもでも安心して扱えます。

 

ちょっと手伝ってもらったりもして。

ちくわは回転しながら焼かれています。

後は焼き上がりを待つだけ。暇を持て余しています。

自分が焼いたちくわとかまぼこを受け取り、体験は終了です。

賞味期限は本日中とのことなので、その日の夜ご飯に食べていることでしょう。

 

予定していた帰りの電車まで、ほんの一瞬時間があったので公園に立ち寄りましたが、最後まで全力で楽しんでいたようです。

参加人数は8人と少ないものの、その分1人1人の距離が近く、とても充実したプログラムとなりました。

次回はどこへ行くのでしょう。

おたのしみに!!

 

平成30年10月19日(金)~20日(土)に実施した、

『どうぶつ王国ナイトツアー』は無事終了しました。

この事業の柱は以下の3つ。

 

  • 夜のどうぶつ王国の見学
  • 朝の職業体験
  • 班での協働作業

 

普段見ることのできない王国の裏側を知り、生き物の生態系を学び、飼育員の方と仕事を共にすることで、将来の仕事について考えるきっかけづくりを目的に実施しました。

もちろんプログラムの中には班での協働が基本となる為、協調性や自主性を養うというキャンプのコンセプトも持ち合わせています。

 

集合時間は午後5時、お客さんのいないどうぶつ王国へ・・・

就寝する場所はもちろん王国内部。

仲間と協力してテントを建てるところからツアーはスタートします。

夕食のカレーをレストランで食べたらナイトツアーのはじまりです。

昼に活動する動物達は、身を寄せ合って寒さをしのいでいます。

各班様々なエリアで夜の動物観察を終えた後は、ウォーターリリーズに集まって、プチバードショーまで披露していただきました。

ナイトツアーを終えても、夜のレクリエーションは続きます。

おやすみなさい。

翌朝は、朝食を食べた後、開園に向けた準備を手伝います。

なんと言っても一番大変なのは掃除です。

お客さんを迎えるための、園内の掃除は最も重要な仕事の1つ。

ガラス拭き

亀の甲羅だって磨きます。

  

エサもあげて

お客さんがエサやりを体験する準備もします。

真剣に取り組む子ども達。

全てが完了したら、いよいよ開園、朝一のお客さんに元気良く挨拶です。

無事に開園したところで、班の自由行動。

最後はバイキングを堪能して、今回のツアーは終了しました。

今回、参加した子ども達が皆真剣な眼差しでプログラムに取り組み、心から楽しんでいたのがとても印象的でした。

また、どうぶつ王国のスタッフの方も、子ども達と接する上で「どうすれば分かりやすく伝わるか?」にとことんこだわってツアーを作り上げてくれました。

色々な方々の協力があって、実現した「どうぶつ王国ナイトツアー」。

今回参加できなかった神戸の子ども達の為に、今後も実施していきたいと考えています。

この体験が、将来の『生きる力』となれば、嬉しい限りです。

 

平成30年8月8日(水)~9日(木)

ホップステップキャンプは無事終了しました!

 

洞川キャンプ場に到着後は、まずみんなで仲良くなるためにゲームを行いました。

アイスブレイクゲーム

 

昼食を食べたらテント建て

 

 

食材探しゲーム

 

調理と火お越しに分かれて夕食づくり

こちらは調理担当チームです。

 

 

一方、火おこしチーム

火をおこすには、焚きつけ用の小枝を集めるところから始まります。

 

夕食完成!!

 

キャンプファイアー

この後、お風呂に入って、就寝しました。

意外なことに、ホームシックになる人は一人もおらず。

ホップステップキャンプが始まって以来、初めてのことでした。

 

2日目

おはようございます!

カートンドッグづくり

 

朝食を食べた後は、念願の川遊びです。

 

出かける前に

これから向かう「川」は、キャンプ場の外にあります。

一般道を歩く為、絶対にふざけない、一列で歩くを徹底しています。

もし破った人は「強制的に連れて帰ります」と忠告を受けました。

 

出発

 

川遊び開始

早速肩まで浸かってしまいました。

 

いのししと思われる白骨を発見!!

ここで息絶えたのか、先日の豪雨で流されてきたのか。

上あごも綺麗な状態で見つかりました。

楽しそうで何よりです。

 

一方、そのころスタッフは昼食のそうめんづくり奮闘中

ずぶ濡れのドロドロになった子ども達はシャワーを浴びました。

昼食

 

あっと言う間のキャンプも、始まればあっと言う間に終わってしまいました。

これをきっかけに様々な野外活動に参加してくれると嬉しいです。

今後の事業の案内は、LINE@を中心に配信いたしますので是非ご登録をお願いします!!

 

7月15日(日)~16日(月祝)にお仕事体験キャンプ~Farm編~を開催しました‼

参加者のキャンプを楽しみにしている強い想いのお陰で、晴れました・・・が強く願い過ぎたせいか、

晴れ過ぎてとても暑かったです。

しかし、その暑さに負けず今回の参加者は元気に青少年会館を出発!

バスに揺られて、兵庫楽農生活センターへ

農生活センターに着いて、目に飛び込んできたのは、一面の農作物!

先日までの大雨や、猛暑を生き抜いた野菜が、参加者を待っていました!

収穫したのは、ピーマン、モロヘイヤ、トマトです。

どの野菜も新鮮で、美味しそうでした♪

特に、トマトの収穫時は、太陽の光を浴びた真っ赤な完熟トマトを一生懸命探しました。

野菜のあるあるですが、虫や鳥は美味しい物がよくわかるようで、先に食べられていました。

そんな中、まだ食べられていない美味しそうな野菜を見つけたり、少し形が面白いものを見つけて参加者同士、楽しそうに収穫していました。

頑張って収穫した野菜を使い、お昼ご飯づくりへ★

調理の先生にお手本を作ってもらい、その後参加者全員でクッキングスタート♪

料理が苦手な男の子も、食材を洗ったり、調理具を渡したり、自分の出来ることをしていました!

『トマトとモロヘイヤのガスパチョ風・モロヘイヤとベーコンと厚揚げソテー・ピーマンのスコッチエッグあんかけ風・トマトのさっぱりゼリー』を作り終わって、みんなで作った料理をいただきました♪

昼食後には、『食と農の歴史』について話を聞きました。

 

兵庫県楽農生活センターを満喫した後に、洞川教育キャンプ場にバス移動~~~

洞川についてすぐに、男女に分かれて、テントに移動♪ 自分達の寝床の確保!

寝床を整えてから、夕食の準備を始めます。

普段とは違い、野外で作った手作り料理は、いつもより美味しかったようです♪

ご飯の後は、シャワーを浴びて、オリジナルランタンづくり!

小さな可愛いランタンを作りました。

この日は、とても暑かったので疲れが溜まっていたのかテントに入った途端に寝る参加者や、まだまだ元気があり余って寝つけない参加者もいました。

 

翌朝も天気が良く、眠い目をこすりながら、集合し朝礼後、周りを見渡すと…

子ども達が何かを発見‼

   

自然に生きているクワガタ虫でした!

クワガタ虫に元気を貰い眠気も吹き飛び、朝食へ♪

朝からみんないっぱい食べました♪

食事後は、おもいで作りという事で、

洞川キャンプ場に落ちている小枝などを拾い、看板づくりをしました!

看板作りでは、友達になった人とメッセージ交換をしたり、自然の物で飾り付けたりしました。

寄せ書きなど色々な工夫をしている看板だったのですが、写真を撮り忘れてしまいました・・・(汗)

最後は、みんなで集合写真を撮り終了しました。

今回のキャンプが、少し早い夏休みのおもい出になれば嬉しいです☆

またみんなに会えるのを楽しみにしています♪

 

ユースステーション兵庫記者クラブが兵庫区のまちを中心に取材・作成した新聞

 

「Hyogo Pepper vol.11」が完成しました。

 

 

高校生記者5名が自分たちで取材先を考え、取材方法などを学び、実際に取材をして作り上げた新聞です!

 

ぜひご一読ください。

 

Hyogo Pepper vol.11 1面

Hyogo Pepper vol.11 2面

Hyogo Pepper vol.11 3面

Hyogo Pepper vol.11 4面

Hyogo Pepper vol.11 5面

Hyogo Pepper vol.11 6面

 

 

 

 

 

 

 

こうべユースネット (C) Kobe Youthnet All Rights Reserved