アクセス・お問合わせ

特定非営利活動(NPO)法人

こうべユースネット

地図

〒651-0096

神戸市中央区雲井通5-1-2

神戸市青少年会館内

TEL・FAX 078-232-1509

 

RSS RSS FEED

平成31年3月16日(土)~17日(日)に実施した「わいわいスプリンピック」は無事終了しました。

 

小学校低学年を対象とした事業であるスプリンピックも毎年恒例事業となりました。

この事業は、スポーツ対決というプログラムを通して、勝つ喜びと負ける悔しさ、仲間と協力することの難しさや楽しさを感じてもらうことを目的に実施しています。

その為、ポイント制を採用し最後にはどちらかが勝ち、負けるという結果を敢えて伴わせています。

今回は、人数が少なかったので、赤と白の2チーム制となりました。

はちまきでチームを分け、団結力を高めています。

 

赤組のハチマキには、心1つにというチームコンセプトが

 

このチームで戦いは始まります。

 

自然の家に到着後は、リーダーの考案したオリジナルネイチャーゲーム。

 

アーチェリー対決(白組勝利)

 

夕食

 

夜のレクリエーションは工作です。

 

おやすみなさい

 

2日目は、朝食と部屋の掃除を終えたら、室内運動会の開幕です。

 

大接戦の末、最終競技のリレーに勝敗は委ねられました。

例によって全員緊張しまくっています。

勝ちたい!!と思う気持ちを1つにすることこそ、この事業の最大のねらいです。

 

最終的には、赤組が勝利しました。

悔しくて泣いちゃう子もいましたが、それだけ勝ちに拘って競技に取り組み、本気になっていた証拠です。

負けたことは残念ではありますが、その悔しさを忘れないで欲しい。

1泊2日、お疲れさまでした。

 

 

平成31年3月2日(土)ちびっこ工場見学クラブは無事に終了しました。

今回は、明石にあるアサヒ飲料の工場にお邪魔しました。

ありがたいことに、当クラブもメルマガをはじめとする固定メンバーが定着し、ようやくクラブの名にふさわしい活動ができるようになりました。

 

工場見学は午後3時~なので、みなとの森公園でレクリエーションを実施。

   

 

白黒のしおりをデコレーションしてくれた参加者も!!

 

お昼を食べて、レクリエーションで遊んだ後はバスで工場へ向かいます。

アサヒ飲料明石工場では、主に「三ツ矢サイダー、十六茶、ワンダ」を中心に、製造から出荷までの作業を担っている工場です。

三ツ矢サイダーの歴史について学んだり、

実際の製造ラインを見学を詳しい解説付きで見学したり、

(製造ラインは、写真撮影禁止なので写真はありません。)

 

製造ラインの見学を終えた後は、この工場で作られた飲料水の試飲ができます。

写真はお金のいらない魔法の自動販売機。

子ども達も楽しめる、おもしろい仕掛けにみんな夢中です。

 

終了時刻が思ったよりも早かったので、近くの公園に立ち寄りました。

バスを降りるなり、一斉に走り出しました。

帰り間際にパシャリ。

 

帰りのバスでジュースを飲みすぎて、トイレに行きたくて泣き出す参加者もいましたが、

なんとかギリギリセーフでした。

新しいメンバーも加わり、アットホームな雰囲気で終了しました。

次回はどこへ行くのでしょうか?

おたのしみに!!

 

お疲れ様でした。

 

 

 

平成30年12月15日(土)~16日(日)にかけて、「星空観察隊」を実施しました。

今回の星空観察隊は、幼児(年長)~小学校低学年を対象にした「ちびっこ観察隊」

5感で感じて体験するをテーマに、様々なプログラムを行いました。

まずは、バスで姫路市自然観察の森へ・・・

 

自然観察の森

自然の中には、大人でも知らないことがたくさんあります。

黒松と赤松の違いを手で触って感じてみたり、

 

森の中には何種類の落ち葉があり、何種類の色があるかを数えてみたり、

 

 

木の実も食べてみました。

 

自然観察の森にお別れを告げ、星の子や方へ移動です。

 

 

星の子館

お風呂まで少しだけ時間があるので、部屋で学んだことを絵に描いています。

 

夕食後は、いよいよ星空観察です。

今見える星の位置や方角の確認の仕方を教えてもらいました。

今日は空が晴れていたので、たくさんの☆が見えました。

暗闇の空を見上げて気付いたことは、月がとても明るいこと。

普段は街の明かりで気付きませんが、月明かりはとても明るく目が慣れると懐中電灯がなくても平気です。

 

天体望遠鏡を使っての観測は、月を見ることができました。

クレーターの細部まではっきり見えました。

晴天に感謝です。

 

 

おやすみなさい・・・。

 

 

朝食の後は、姫路市科学館へ徒歩で移動。

 

姫路市立科学館

たくさんの体験型の学びが多く、ちょっと時間が足りなかった様子。

1日中いても飽きない仕掛けがたくさんありました。

 

 

帰りは星の子館から無料のシャトルバスを利用し、JRを利用して帰路に着きました。

今後も、幼児を対象にした宿泊イベントも継続していく予定です。

次回のご参加をお待ちしています!!

 

平成30年11月11日(日)ちびっこ工場見学隊は無事終了しました。

元々7月に台風の影響で中止になった企画を、そのままの形で11月に実施したリベンジ企画です。

工場見学を行うクラブ活動として、今年度より発足した事業です。

工場見学は昼からなので、午前中は六甲アイランドにある広い公園でレクリエーションや自然物ビンゴ、ゴミ拾い等、たくさんの外遊びを実施しました。

 

ボールやレジャーシートを使ってアイスブレイクゲーム。

 

 

昼食タイム

   

 

大学生が制作したオリジナル自然物ビンゴも

 

少し遊び過ぎました。急いで「てっちゃん工房」へ

てっちゃん工房は、日本の伝統食品である練り製品を、若い世代にもっと身近に感じてもらい、おいしさを知って欲しいという思いから生まれた「ちくわやかまぼこの手作り体験ができる施設」です。

今回は、ちくわもかまぼこも両方を体験します。

エプロンと帽子を着けて、いざ体験場へ急げ急げ。

かまぼこ作りに必要なキットはこちら。

練りものを形を造り上げるのに欠かせないのが包丁のような形をしたヘラ。

これには刃はついていないので、子どもでも安心して扱えます。

 

ちょっと手伝ってもらったりもして。

ちくわは回転しながら焼かれています。

後は焼き上がりを待つだけ。暇を持て余しています。

自分が焼いたちくわとかまぼこを受け取り、体験は終了です。

賞味期限は本日中とのことなので、その日の夜ご飯に食べていることでしょう。

 

予定していた帰りの電車まで、ほんの一瞬時間があったので公園に立ち寄りましたが、最後まで全力で楽しんでいたようです。

参加人数は8人と少ないものの、その分1人1人の距離が近く、とても充実したプログラムとなりました。

次回はどこへ行くのでしょう。

おたのしみに!!

 

こうべユースネット (C) Kobe Youthnet All Rights Reserved